花戦さ

紗慧です。

 

2017年6月3日公開。

「花戦さ」。

www.hanaikusa.jp

 

泣きました。

利休と専好の会話が痛いほどよくわかります。

原作とは違う要素も多く、それも感情移入しやすいようになっていました。

 

花戦さ (角川文庫)

花戦さ (角川文庫)

 

 花がとてもきれい

池坊講師陣が何ヶ月もかけて制作しただけあって、とても見ごたえがあります。

針金がなかった当時、どうやって立花を生けていたのか・・・想像もつきません。

 

利休と専好がお互いに切磋琢磨していく様子がよく、

秀吉に秀吉の美的感覚を押し付けられ、利休が窮していく経過は胸が詰まります。

利休のあだ討ちのために、自分の命を賭して専好がいける「前田邸の大砂物」。

圧巻です。

 

「花の力」が随所で登場人物たちを助けてくれます。

「花の中には仏さんがいらっしゃる」。

いつも生活の中に花を。

花の力で誰かを支えられる人間になりたいものです。

広告を非表示にする